荒野の食卓、ウォッチマン・ニー、3月20日

2020-03-21 | 00:20

肉によって無力になったために、律法にはできなくなっていることを、
神はしてくださいました。
神はご自分の御子を、罪のために、罪深い肉と同じような形で
お遣わしになり、肉において罪を処罰されたのです。
ローマ書 8-3
       
                                      

御霊に従って歩むとは何を意味するのでしょうか。それは二つのことを意味し ています。
第一にそれは労働ではなく、ただ歩くことです。神を賛美しましょう。
神を喜ばせようとして「肉に従って」いたときの辛く実を結ばない努力は、
いま や「私たちのうちに働く力」に対するおだやかで実り豊かな信頼に取って変わり ました。

ガラテヤ書でパウロが肉の行いと御霊の実を対比させた理由がここにあ ります。

二番目に、「従って歩む」とは「後をついて行く」ことです。
それは従属関係 をほのめかしています。
つまり先頭は御霊ではないのですか、と。

御霊に従って 歩むとはあらゆるものが御霊の支配下にあることを意味します。
これからは人生 の主導権を御霊様に握っていただかなければなりません。
ところで御霊に従って 歩む者に一つだけできないことがあります。
それは御霊の前を走ることです。

Comment

Post a comment

Secret