サムエル記 Ⅱ 7-18

2020-04-29 | 00:20



18-ダビデ王は行って主の前に座し、そして言った。
「神、主よ。私がいったい何者であり、私の家が何であるからというので
あなたはここまで私を導いてくださったのですか。」

神の選びを正しく知る人間は存在しません
立派な人だったから、信仰が篤かったから、穏やかな人だったから
きっと全部、違っているでしょう
何故なら、人間が選ぶのはそういう類の人だからです
神の選びは人間が考えるような意味で選ぶ事は決してないでしょう
神はこの世の取るに足りない者を選びましたともわれていますから

私たちは何もかもが何故ですか、と感動を持って言わざるを得ないのです
この信仰さえも神が与えて下さったものだからであり
この信仰を支えて下さっているのさえ、何故こんなに良くして下さるのですかと
頭を下げずにはいられません

私たちは毎日ダビデと同じ言葉を呟いてしまうのです

Comment

Post a comment

Secret