荒野の食卓、ウォッチマン・ニー 5月9日

2020-05-10 | 00:20


 『それゆえ、人はその父と母を離れて、その妻と結ばれ、ふたりの者が一心同
体となるのだ。』と言われたのです。        マタイ 19-5

 

 エヴァは一人で、孤独でした。

そして彼女は完全にアダムのために作られました。

旧約聖書の教会の雛形になりうると感じられる女性達の中にあっても、

こうしたエヴァの特徴は彼女に独特な、

あるいは唯一と言えるほどの立場を与えています。


彼女たちそれぞれには教会の救いの表情が刻まれています。

たちは彼女 たちに花嫁を見て取り(リベカ)、

異邦人からの選びを見て取り(アセナテ)、

荒野を旅することを見て取り(チッポラ)、

相続地を受け継ぐことを見て取り(アクサ)、

買い戻しの権利のある近親者により頼むことをまた見て取り(ルツ)、

主人のための果敢さを見て取るのです(アビガイル)。

しかし彼女たちのどれも エヴァほどには示唆に富んではいません。

というのも彼女たちは全員堕罪を受け 継いでいますが、

しかし罪が入る前の祝福された時代にあったエヴァは、

神が教会に望んでおられる神の御子との一致の成就を私たちに示してくれるのです。

エヴァは最初にアダムから作られました。

そしてアダムの助け手として彼のもとに 連れてこられるために。

一つのものが二つになったのです。二つのものは、そして再び、一つになりました。

このエヴァに見られるものは教会の奥義です。

すなわちキリストから出たものは、再びキリストのもとに還るのです。

Comment

Post a comment

Secret