荒野の食卓、ウォッチマン・ニー 5月16日

2020-05-17 | 00:20

真理を買え。それを売ってはならない。知恵と訓戒と悟りも。
                                                      箴言  23-23

嘘には値段がありません。それは安くて巷にあふれています。

しかし真理には 常に代価がつきまといます。まず第一にへりくだりという代価。

なぜならへりくだりは神が従順な人々に与えてくださった光だからです。

もし私たちが自分自身を低くするという代価で

真理を買う用意が為されていないなら、真理は手中にできません。

そして忍耐には代価が必要です。性急な判断やせっかちな決定は、

神に仕え、神を待ち望む人々に与えられる神の光とは無縁のものです。

そして決定的なことですが、服従には代価が必要です。

「誰でも自分の思いを為そうとするなら、その人は知らねばならない」。

もし私たちが神のみ心と神の方法を知ろう とするなら、

服従が不可欠なのは疑念の余地がありません。

私たちの信仰は廉価 版で、代価を払わないほど安易なのでしょうか。

それとも神の真理によって、どんなに大きな代価であろうとも、

その真理の上に信仰を建て上げていただく心積りができているのでしょうか。

Comment

Post a comment

Secret