列王記 Ⅱ 20-6



6-わたしは、あなたの寿命にもう十五年を加えよう。

わたしはアッシリヤの王の手から、あなたとこの町を救い出し、

わたしのために、また、わたしのしもべダビデのために

この町を守る。


ヒデキヤは病のために死ぬと預言された時に

今までの行いの正しさを涙を持って神に訴え

命を十五年延ばして貰いました

が、人間は必ず死にます。

神が決められた寿命を延ばす事は意味があるのでしょうか

やがてすべての財産はバビロンに奪われると知らされたのです





【2020/06/23 00:20】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<列王記 Ⅱ 21-11 | ホーム | テモテⅠ 4-3,4>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://onesimo60106.blog.fc2.com/tb.php/204-7da1ece5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |