列王記 Ⅱ 21-11



11-「ユダの王マナセは、これらの忌みきらうべきことを、

彼以前にいたエモリ人が行ったすべてのことよりも

さらに悪いことを行い、

その偶像でユダにまで罪を犯させた。


神に従ったヒデキヤ王の子供であっても

マナセは悪の道をひた走るようになってしまう

親を見て育っても、中々正しく生きる事は出来ないが

ユダにまで罪を犯させるのは神をとことん悲しませる事です

【2020/06/25 00:20】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<ルカ書 22-24~26 | ホーム | 列王記 Ⅱ 20-6>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://onesimo60106.blog.fc2.com/tb.php/205-04463d77
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |