学び聞き取り コリント第一 Ⅱ

2020-07-12 | 00:20

そして三番目のことばは、ヨハネ書 19-26,27

マリアに向かってそこにあなたの息子がいますと言い

愛する弟子ヨハネにそこにあなたの母がいますと言われました

自分の息子イエスが十字架に掛けられている姿を見て

マリアの心境はいかほどだったでしょうか

自分が十字架に架かるほどの辛い経験だった事でしょう

かつてシメオンは母マリアに言いました

ルカ書 2-35

まさに母マリアはイエス様の十字架の前で

剣があなたの心さえ刺し貫くという経験をしているのです

一体どうしたら剣に刺し貫かれた心が癒されるのでしょう

マリアも又事故憐憫から解放される必要があります

どうしてこんな事が、、どうしてこんな思いをしなければ、、、という

この思いを乗り越えなければその傷が癒される事はありません

マリアの心の傷を癒すためにには

この悲しい出来事も主の御手から受け取るしかないのです

そこにマリアの自己否定が要求されているのです


Comment

Post a comment

Secret