学び聞き取り コリント第一 Ⅱ

2020-07-15 | 00:20

主イエス様が十字架上で経験した究極の苦しみ

これさえ神への信頼の絆を強めたと言っていいでしょう

私たちが人生で経験するすべての苦しみは結果として

父なる神への信頼を強める事になると私たちは証する事が出来ます

私たちは苦しみを通して自分の弱さを知り、自分の罪を知ることになります

そしてその時私たちは神への信頼を学ぶようになります

例えばヨブですが、ヨブは大きな試練を経験しましたが

結果的には主に対する信頼を深める事になりました

ダビデもしかり、サウルから逃れて荒野を逃げ回ったその苦しみが

ダビデの主に対する信頼が強められていきました

他の信仰の先達もすべてそうです、使徒たちもそうです

彼らは数々の迫害、あるいは苦難を経験しましたけれど

それによってさらに主に信頼を深めていきました

私たちはこうした信仰の先達を通して大いに慰められます

私たちは自分自身を否定してすべての試練、苦難を

神の手から受け取る必要があるのではないでしょうか

事故憐憫を乗り越えてすべてを神の御手から受け取る

これも自己否定のなせるわざではないでしょうか

そして、7番目の言葉へと移ります


Comment

Post a comment

Secret