学び聞き取り コリント第一 Ⅲ

2020-07-18 | 00:20

グノーシスのイエス様の捉え方は、イエス様は霊的存在であって

肉体は持っていなかったというものです

これは聖書の内容とは大きく違います

聖書にはイエス様は肉体を持った神の御子であると

書かれています

へブル書 2-14~18

神が人間の姿をとってこの世を歩まれた事

私たちの罪のために十字架にかけられ三日目に蘇られた事

このような事は人間の知恵では理解出来ません

グノーシスでは人間は霊知を持つ事によって救われると言い

その霊知をもたらすのが霊的存在のイエスだと主張しますが

聖書とは完全に違っています

聖書によると人間が救われるのは恵みと信仰によるのだと

書かれています

人間は恵みと信仰によって救われる、これは救いの本質です

ですからグノーシスの思想は聖書の本質を否定してしまっています

パウロや弟子たちはこの思想に脅威を覚え

徹底的に反対をしました

テモテ第一 6-20

霊知と呼ばれる反対論を避けなさいと書かれています

知恵によって救われるというグノーシスを避けなさいと命じています

ヨハネ第一の手紙 2-22~27

私たちは誰からも教えを受ける必要がないのだとあります

この言葉はグノーシスを念頭に置いた言葉だと言われています

あなた方には教師は必要がありません、なぜなら

あなた方の内に主ご自身が住んでいて下さる

御霊として宿って下さっています

その御霊の声に耳を傾けさえすれば

あなた方は誰からも教えを受ける必要はないのだと

聖書には書かれてあるのです



Comment

Post a comment

Secret