学び聞き取り コリント第一 Ⅳ

2020-07-29 | 00:20

ですからパウロは十字架に掛けられた方以外は

何も知らない事に決心したと告白したのではないでしょうか

神について宣べ伝えながら神の権威に服しないなら

自分自身が失格者になるという危険があるのです

コリント第一 9-27

私たちが神の事を語りながら自分の素晴らしさを語るようなら

私たちは失格者になる危険があるという事です

神の力に支えられるというのは

私たちが自分自身を神の権威の元に置くという事です

私たちの信仰はそのように自分の知恵に支えられているのではなく

神の力に支えられていなければなりません

そうでなければ私たちは少しづつずれていってしまうでしょう

神の栄光を自分のものへと横取りしてしまうでしょう

私たちはそのような弱さを持っているのだという事を

自覚しなければならないのです

2-6

この6節は2節と対比させている事が分かります

2節ではあなたがの間では、とあります

すなわちコリントにいるあなたがたの間では

イエス・キリストしかも十字架に掛けられた方以外には何も知らないと

決心したのですとありますが

6節では私たちは成人の間では知恵を語ると言っています

すなわち霊的に成長した人たちの間では

それ以上の事を語りますとパウロは記しているのですね


Comment

Post a comment

Secret