学び聞き取り コリント第一 Ⅴ

2020-08-04 | 00:20

人間の知恵に支えられるとは魂によって支えられるという事

もし私たちが魂の活動を許すと霊の働く余地を失う事となる

ピりピ書、3-4~11

パウロは様々な人間的は素晴らしいものを自分にとっては

損だと思うようになったと言うのは理解が出来るのではないでしょうか

私はキリストの復活に達したい、これは新しい命によって

生きるものとなりたいという意味です

人間的には素晴らしいものを沢山持っていたパウロですが

それがもし、霊の領域を侵害するなら

人間的素晴らしさは損となってしまうのだという見解です

魂の働きが霊を圧迫してしまう、例えばウオッチマン・ニーは

「魂の働きは霊を抑圧してしまう」と言っています

ですから人間的に素晴らしいものを沢山持っていたパウロが

もし魂の働きが霊を抑圧してしまうのなら

それが自分にとって損となるのだと言ったのですね

第一コリント 9-27

人間の知恵によって福音を宣べ伝える事も出来るけれども

その事が神の御心にかなう歩みをしているとは言えない

神の命によって新しくされた霊によって歩んでいるのか

あるいは魂の働きに重きを置いて自分の知恵によって

福音を宣べ伝えているのかは

待ったく異なる事なのだと2章の前半で述べています

Comment

Post a comment

Secret