学び聞き取り コリント第一 Ⅴ

2020-08-31 | 00:20

魂の人、すなわち、知性や感情に自分自身を支配させる人

魂を大切にして生きる人、そういう生まれながらの人を魂の人だと

ここでは言っているのだと思います

そういう人は自分の霊を無視して霊を用いる事をせずに

あたかも生きた霊を蘇った霊を持たないようでさえあると

パウロは警告しています

ウォッチマン・ニー兄弟の「霊の人」の最初の所に

人間の堕落について書かれてあります

「善悪の知識の実は人間の魂を高揚させ霊を抑圧します

神は単に人間をテストするためにこの実を食べる事を禁じたのではなく

神がそれを禁じるのはこの実を食べる事によって

人間の魂の命が刺激されて霊の命が失速させられる事を

知っておられるからなのです

この事は人間が神についての真の知識を失い、

そうして神に対して死ぬという意味しています

この禁令は神の愛を示しているのです

この世における善悪の知識はそれ自身が悪です

このような知識は人間の魂の知性から発生します

それは魂の命を膨張させ結果的に神の知識を失わせて

死に至る点で霊の命を収縮させてしまうのです

魂を高揚させる結果霊を抑圧させてしまう、

善悪の知識の実を食べるというのは

人間の魂の命が刺激されて霊の命が失速させれてしまう事です

と、ニー兄弟は言われています

勿論神に対する不従順の結果、私たちの霊は

神との交わりを断たれた断たれた訳ですが

それは同時に私たち人間の魂の働きが私たちの中で

極限に至るまで膨張していく状態だと記しているのです

2-14

ここの最後の御霊によってわきまえるという箇所は

原文では霊によってわきまえると記されています

霊によって、これは新しくされた私たちの霊によってと

解するのが妥当なのではないでしょうか

14節を忠実に訳した聖書があるのですが

「しかし、魂の人は神の霊の事柄を受け入れません、

なぜなら、彼にとってそれは愚かであるからです、

又、彼はそれを知る事が出来ません。

それは霊によって識別されるものだからです。」

とありますから、おそらく神によって新しくされた私たちの霊によって

神の事柄を識別するという意味ではないでしょうか

私たちが新しく生まれるというのは

私たちの霊が神との交わりを回復した状態になるという事です

そして神との交わりを回復した霊は神の霊の事柄を受け入れ

それを知る事が出来るようになるという事です

それまでは魂が私たちを支配していましたが

新しく生まれた人は魂に代わって新しくされた霊によって

生きる事が可能になると聖書は言っているのです



Comment

Post a comment

Secret