学び聞き取り コリント第一 Ⅴ

2020-09-01 | 00:20

2-15

御霊を受けている人、すなわち霊の人とは自分の魂を否み

魂によっては生きず神の霊によって再生された霊によって

自分の存在を支配させている人の事を指すのです

神によって新しくされた霊に自分の全存在を支配させる

以前は魂が自分を支配していたけれどこれからは

新しくされた霊に自分を支配させる

これを霊の人と呼ぶのです

私たちはこのように新しくされた霊によって判断できるようになりました

2-16

私たちはイエス様の命だけではなくイエス様の思いも

共有しているという事をこの箇所は言っています

霊的に新しくされた私たちは今イエス様と

有機的に一つとされたという事ですから

イエス様の持っている機能を私たちは共有している訳です

なので、私たちはイエス様の思い、イエス様のこころをも

共有している事になります

これはイエス様が何を考え何を知りこれから何をなそうとされているのか

その事を私たちは知る事が出来るという事です

これは何という素晴らしい事実でしょうか

3-1~

ここからは肉の人について書かれています

これはコリントにいる兄弟姉妹に対する警告であると同時に

私たちに対する警告でもあります

ここでも御霊に属する人を霊の人と言いますが、

肉に属する人を肉の人と言う言い方をしています

霊の人が神の霊と一体となり新しくされた霊によって支配され

管理され方向づけられ導かれるのであるのに対して

肉の人は肉の欲望によって導かれる欲望によって支配され

管理され方向づけられる人だと言って良いでしょう

主の方法は私たちを内側から清めるというのですが

神の働きは霊によって体を清めようとするのです

一方、悪魔の働きは常に外側から来るものです

私たちの目に麗しいもの、これが私たちの躓きの原因となります

私たちはいつも外側からの刺激を求めるのですが

自分たちにとって心地良いものを求める

これが外側から私たちを誘う、これが悪魔の方法だと言っています

Comment

Post a comment

Secret