学び聞き取り コリント第一 Ⅵ

2020-09-25 | 00:20

今日からはコリント第一 3-7~23 三位一体の神について学びます
ここに大切なものとして三つ書かれてあります
第一は7節、大切なのは成長させて下さる神
第二は11節、その土台とはイエス・キリスト
第三は16節、あなた方は神の神殿であり神の御霊が宿っているのです
神とイエス・キリストと御霊  この三つがテーマです
3-7,8 ここでの植える者はパウロで、水を注ぐ者はアポロですが
本当に大切なのは成長させて下さる神だと言う事です
神の扱うのは私たちの命です
私たち人間がどんなに努力をしても、又、現代の科学技術をもっても
命を作りだす事は出来ていません。これは完全に神の領域なのです
そして 3-9 私たちは神の協力者であり、
あなたがたは神の畑、神の建物なのだと言っています
そこでキリストの命を成長させ豊かな実を結ぶ事が求められています
三つの福音書に書かれてある事ですが
良い畑に蒔かれた種の例えが出て来ます
御言葉を聞いてそれを悟る人、これは前回の学びのように
新しく生まれた人だけに許された特権です
御言葉を聞いて悟るためには私たちの内に蘇らされた霊が必要です
私たちがそのように良く耕された畑として神の御言葉の種を受け入れ
豊かに実を結ぶ事が神の御心です
その時に大切なのは種を蒔く人や水を注ぐ人ではなく
成長させて下さる命そのものである神であるという事です
神ご自身が私たちを成長させて下さる、これが大切な第一の点です


Comment

Post a comment

Secret