学び聞き取り コリント第一 Ⅶ

2020-10-12 | 00:20

しかし、神が裁くのは私たちの心の中のはかり事だと4章5節で言っています
私たちの動機が何処にあるのか、これが神の裁きの対象だと言うのです
私たちがどれだけ結果を出したかという事ではありません
パウロもおそらくパウロの生きた時代には
それほど大きな結果は出していないのではないでしょうか
彼が一生懸命福音を伝えた、コリントの教会も実際のところ問題だらけです
けれど彼の忠実さに対して神が豊かに報いて下さったのです
それはパウロが生きていた時代というよりは
むしろ、ぞの後の時代、パウロの手紙に触れた数えきれない人々が
パウロの働きの豊かな実を受ける事が出来たという事ではないでしょうか
そして主はパウロの心の中をしっかりと評価して下さったのです
5節の最後にある通り神から各人への評価が届く、
これはパウロ自身の事を言っているのではないでしょうか

Comment

Post a comment

Secret