学び聞き取り コリント第一 Ⅶ

2020-10-15 | 00:20

コリント第一 4-7,8
一体、誰があなたを優れた者と認めるのですか、
今あなたが手にしているものはすべて主から頂いたものじゃないかと
パウロは訴えています、この事は信仰の本質に関わるものだと思います。
多くの宗教は人間の行いを要求します
人間の良い行い、沢山の寄付をする事、人間が色々な修行を通して良くなる事
このような事を求めますが、しかし聖書は違います
聖書が提供している救いとは行いが入る余地がないのです
私たちに与えられている救いは神によって一方的に与えられたものです
救いの御業が完成するためには
私たちの努力が介入する余地はありません
神によって完全に私たちの救いを成し遂げて下さったのです
その意味で私たちはもらったものでない物はないという事です
私たちが持っているすべては神の恵みによって与えられたものです
そして私たちが何かを誇るなら、その誇りの根拠は何もありません
私たちが思い上がる要因は何もないのです
信仰の原点に帰りなさいという事だと思います

Comment

Post a comment

Secret