学び聞き取り コリント第一 八

2020-10-25 | 00:20

ダビデは子供たちの悲惨な状況を正しく治める事が出来ませんでした
何故なら、彼らの中に自分の罪をみたからではないでしょうか
そういう意味でダビデは苦い刈り取りをしなければなりませんでした
教会の中に不品行な罪を犯している人がいるという事に関して
正しく裁くというのは難しい事です
まして、その人が教会にとって重要な立場にある人だとしたら
毎月の献金が多額であり教会がその人の献金を当てにしているとしたら
そういう人の犯している罪を裁けるでしょうか
案外、うやむやにしてもみ消してしまう事も起こり得ます
それが人間の弱さなのではないでしょうか
5-3
心はそこにありますと書いてありますが、原文では霊はそこにあるです
コリントの人は魂、肉によって振舞っていたのとは対照的に
パウロは霊の人として振舞っていたという事です
肉体はそこにいなくても霊はあなたがたと共にいると言っています
5-4,5
サタンに引き渡したという表現はとても厳しいですが
教会、又は集会の交わりから追放したという事です
私たち兄弟姉妹は一つの群れを作り交わりを保つ事は
ある種の守りの中に置かれている事を意味します
主ご自身がその群れ全体を守って下さる、私たちは交わりの中で
守られているのだと言えるのではないでしょうか
しかし、そこから引き離されてしまうと私たちはこの世の支配者である
サタンから直接攻撃にさらされるという事です
これは決して救いを失うという事ではありません
私たちがイエス様を信じ救いを頂いたならイエス様は私たちを
引き離す事はなさいません
誰もイエス様の手から私たちを奪う事あないと聖書が言っています
ヨハネ伝 10-28,29
しかし、私たちが罪を犯した時にはイエス様、父なる神様から
厳しい懲らしめを受ける必要があると聖書の御言葉です
それは私たちを滅ぼすためではなく本当の意味で私たちが悔い改めて
父なる神の愛に立ち返るためなのです


Comment

Post a comment

Secret