学び聞き取り コリント第一 八

2020-10-27 | 00:20

私たちは自分の犯した罪、蒔いた種の刈り取りをしなければなりません
その事を通して罪の恐ろしさを知る事になります
そしてその罪を毛嫌いし、その罪から離れたいと思う事が
主の導きであるという事だと思います
もし、私たちが間違った愛で自分自身の罪や周りのにいる人達の罪を
受け入れてしまったらどうでしょうか
それは一見愛のある行為と見えるかも知れませんが
結果的に罪を犯している人を主から離れさせ祝福を失わせると
同時に教会の証も台無しにしてしまうでしょう
イエス様ご自身が恥を受けてしまうという事にもなります
ですから、厳しいようですが不品行の罪を犯した兄弟をパウロは
あなたがたの交わりから除きなさいと言っているのです
結果的に彼の肉は滅ぼされるが彼の霊は主の日に救われると言っています
肉が滅ぼされるとははっきりとは書いていませんが
私たちがいたずらに罪に留まるなら、あくまでも罪を愛して
その内に留まろうとするなら遅かれ早かれ
私たちは自分の心と体の均衡を失う事になるのではないでしょうか
その結果ある種の病気にかかる事もあるでしょう
罪の放縦に身を任せるなら私たちはここに書かれているように
私達自身の肉を滅ぼされてしまう可能性があるのです
それでも彼の霊が救われるのならやむを得ないというのが
パウロの判断だったのではないでしょうか
アビシャロムを正しく裁く事が出来なかったダビデはエルサレムと
追放されてしまいました  サムエル第二 15-30
彼は泣きながらオリーブ山の坂を上ったと書かれてありますが
彼は何故泣いていたのでしょうか、エルサレムを負われたからでしょうか
そうではなくて子供たちの中に自分自身の罪を見たのではないでしょうか
アムノンとタマルはダビデとバテシェバのようであるし
その後アビシャムが兄をダビデがウリヤを殺したように殺した事
自分の愛する子供たちが自分と同じ罪を犯している事を見ると
自分の罪を思い出してしまう
それが苦しくてダビデはオリーブ山の坂を泣きながら上ったのでしょう
主の懲らしめは本当に厳しいものだと思います
しかし、このようなダビデの罪や失敗にも関わらず
聖書はダビデを神の人と記しています
懲らしめを受けたダビデは神によって清められ神の御心にかなう者として
聖書に書かれたのではないでしょうか




Comment

Post a comment

Secret