学び聞き取り コリント第一 九

2020-11-04 | 00:20

私たちの犯す罪には色々な程度というのがあります
この社会では例えば傷害の程度の程度によって罰金は刑だったり
殺人なら死刑もあるでしょう、この地上にあっても罪の重さは色々です
私たちが主に犯す罪にも軽いもの、重いものがある、と思います
ヨハネ第一 5-16
罪には2種類がある、死に至らない罪と死に至る罪です
私たちが死に至らない罪を犯している人を見たなら
その人のために祈りなさい、とりなしなさいと言われています
しかし死に至る罪を犯している人にはそのようには言いません
だまされてはいけませんと書かれています
偶像礼拝をする者、不品行な者、姦淫をする者、神殿男娼
このような人たちは神の国に入る事は出来ない、この事を
あなたたちは知らなければならないのだと言っています
6-11
ここには素晴らしい福音のメッセージがあると思います
あなたがたの中のある人は以前はこのような者だったのに
悔い改めて神の前に義と認められるようになったのだと思い起させています
以前がどんなに汚れた生活であったとしても
主イエス様の流された血潮は私たちのどんな罪をも清める事が出来るのです
コリント第二 5-7
にある通りです、主イエス・キリストの御名と私たちにある神の御霊によって
あなたがたは洗われ清められ聖なる者とされ義と認められたのです
6-11はすべて受け身で書かれてあります
私たちは自分を自分で洗い清める事は出来まるのです
そしてその時に主せん
私たちのありのままの状態で主イエス様の前に出た時に
主イエス様ご自身の血潮によって私たちを洗い清めて下さるのです
そしてその時主は私たちに清い御霊をくださいました
その御霊によって私たちは日々成長させて頂く事が出来るのです
そして神の前に義とされる、神の前に何の咎めもない罪もない
無罪の者として立つ事が出来るのです
これは私たちの努力の結果ではなく一方的な主の恵みによる事です
6-12
パウロはここで繰り返しすべての事は赦されていると述べています
私たちが義とされるのは律法の行いによるのではありません
私たちがどんな大きな罪を犯したとしても正直にそれを告白して
主の前に出るなら主は私たちを洗い清めて義と認めて下さる
そういう意味ですべての事は私たちには許されていると言う事です
私はどんな事をしても主の前に悔い改めるなら主はそれを許すと言って下さいます

Comment

Post a comment

Secret