学び聞き取り コリント第一 九

2020-11-05 | 00:20

ですから私たちは今、律法の呪いから解放されています
今でも、厳格に律法を守る事によって義とされようとする人たちもいます
そのような人たちの生活はがんじがらめです
しかし恵みによって救われた私たちは自由を享受する事が出来ます
そのような私たちが歩む基準が何かを12節は教えてくれます
私たちには大きな自由が与えられていますがすべてが益になるのではありません
あるいは私たちは自由を享受する中で自分の欲望に支配されてはなりません
私たちにとって何が益となるのか、これは損得の問題ではなく
私たちが目指すべき目標にとって有益であるかどうかです
では私たちの目標は何かというと
やがてイエス様とお会いした時によくやった忠実なしもべだと
声を掛けて頂く事ではないでしょうか
イエス様からこのような声を掛けて頂くために私たちには
私たちにとって何が必要であり何を切り捨てるべきでしょう
これを基準としてこの地上を歩むべきだと言う事です
コリント第一 9-24
この世の人でもオリンピックで金メダルを取るために日々練習し
あるいは使うシューズなどを研究し目標を目ざして努力をしています
私たちは朽ちないもの、主の御国のために一体どれだけ
自分自身を制する必要があるのかとパウロは問いかけているのです




Comment

Post a comment

Secret