ヨハネの手紙 第一 2-6

2019-12-29 | 00:20


6-神のうちにとどまっていると言う者は、
自分でもキリストが歩まれたように歩まなければなりません。

キリストは光の中におられる(1-7)のですから

光の中にいると言いながら、兄弟を憎んでいる者は、今もなお、
やみの中にいるのです。(2-9)

キリストが歩まれたようにと聞いた途端に
正しく立派にと思ってしまうのは子供の頃から刷り込まれた倫理によるのでしょう
キリストは倫理や道徳の先生ではなく、愛のお方です

神を愛するとは、神の命令を守ることです。その命令は重荷とはなりません。
(5-3)

キリストが歩まれたように歩まなければなりません、を読んで
重荷と感じているなら間違った解釈なのでしょう
一人頑張って良い行いをしなければと思うのは重荷でしょう

神の命令を守る前に神を愛するなら、キリストが歩まれたように歩くし
少しも重荷にはならない筈です

Comment

Post a comment

Secret