24-また、彼らの間には、この中でだれが一番偉いだろう

という議論も起こった

25-すると、イエスは彼らに言われた。「異邦人の王たちは

人々を支配し、また人々の上に権威を持つ者は

守護者と呼ばれています。

26-だが、あなたがたは、それではいけません。

あなたがたの間で一番偉い人は一番年の若い者のようになりなさい。

また、治める人は仕える人のようでありなさい。


イエスがこの世に生きておられるうちに

しかもイエスの目の前で誰が偉いのかと議論をする弟子たちです

イエスの十字架を実際に目にした時に

最も偉い人が最も蔑まされる死に方で死んでいき

仕える人の形をとるという見本を見せられました

しかし、肉のある人間は人から尊敬される事を喜びとします

人からの栄誉を受けてもイエス様からのお褒めを頂かないなら

本当の平安はあり得ません





11-「ユダの王マナセは、これらの忌みきらうべきことを、

彼以前にいたエモリ人が行ったすべてのことよりも

さらに悪いことを行い、

その偶像でユダにまで罪を犯させた。


神に従ったヒデキヤ王の子供であっても

マナセは悪の道をひた走るようになってしまう

親を見て育っても、中々正しく生きる事は出来ないが

ユダにまで罪を犯させるのは神をとことん悲しませる事です




6-わたしは、あなたの寿命にもう十五年を加えよう。

わたしはアッシリヤの王の手から、あなたとこの町を救い出し、

わたしのために、また、わたしのしもべダビデのために

この町を守る。


ヒデキヤは病のために死ぬと預言された時に

今までの行いの正しさを涙を持って神に訴え

命を十五年延ばして貰いました

が、人間は必ず死にます。

神が決められた寿命を延ばす事は意味があるのでしょうか

やがてすべての財産はバビロンに奪われると知らされたのです






黒紫色の実-種類


3-しかし食物は、信仰があり、真理を知っている人が

感謝をして受けるようにと、神が造られた物です。

4-神が造られた物はみな良い物で、

感謝して受け取るとき、捨てるべき物は何一つありません。


生きていくためには食べ物を必要とします

そのように人間をお造りになったのは神様ですから、

必ず、用意をされています

何を食べるのか心配するなとも言われています

命に係わる食べ物には心配する必要がない

私たちが出来る事はただ感謝をする事でしょう






9-私は祈っています。あなたがたの愛が真の知識と

あらゆる識別力によって、いよいよ豊かになり、

10-あなたがたが、真にすぐれたものを見分けることが

できるようになりますように。

またあなたがたが、キリストの日には純真で

非難されるところがなく、


ソロモンが神に知恵が欲しいと祈った時に

神はとても喜ばれました。

真の知識と知恵を求める事は神の御心に添った祈りです

この世の騒々しさで大事な事を見失いがちですが

真にすぐれたものを見分ける力を願い求めます




https://ping.blogmura.com/xmlrpc/2cw6zyqam4zs/ にほんブログ村 哲学・思想ブログ プロテスタントへ